Realtime Press タイトル
Home> Gallery

gallery

虚空に視線を漂わせる元子ども兵士

子ども兵士−ウガンダ

LRA(神の抵抗軍)の襲撃が続く、ウガンダ北部・グル。誘拐された子供は、暴力による恐怖で感情を失った兵士となる。その瞳からは、まったく生気が感じられなかった。('00〜'07年)

子ども兵士〜フォトギャラリーへ


【動画】Operation ライトニング サンダー 2010

【動画】悲しみや苦しみを乗り越え、笑顔で歌い踊る子どもたち
−(Youtubeへのリンク)

ジェノサイドが行われた教会で今も佇むマリア像

ジェノサイド・現在・そして未来へ−ルワンダ

ルワンダで1994年に起きたジェノサイドは、当時700万人強だった国民のうち80〜100万人が、わすが100日間に殺害される、未曾有の惨劇だった。その傷跡は、未だ癒えていない。 ('95〜'06年)

千の丘と共に〜ルワンダ〈上〉(1995〜1998)

千の丘と共に〜ルワンダ〈下〉(1999〜2007)

−(asahi.comへのリンク)

銃を手に車に乗るソマリアの民兵たち

日常という名の紛争−ソマリア

アフリカの角と呼ばれるソマリアでは、1991年、当時のバーレ大統領が軍事クーデターにより追放されて以来、氏族間で終わりの見えなえない内戦が続き、国家自体が崩壊していた。 しかし、そこで生きる人々は、明るく活力に満ちていた。 ('02)

日常という名の紛争(2002年)〜フォトギャラリーへ

終わらない負の連鎖(2010年)〜フォトギャラリーへ


【動画】2011年撮影〜ソマリア・首都モガディシュ

【動画】2010年撮影〜モガディシュのフロントライン

【動画】2002年撮影〜モガディシュ市内
−(Youtubeへのリンク)

隔離病棟で治療にあたる看護師たち

見えない暗殺者−エボラ出血熱

エマージングウイルスの代表格、エボラ出血熱。
2000年10月、ウガンダで発生したエボラ出血熱は、425人の感染者を出し225人の命を奪った。1976年に発生が確認されて以来すでに30年近くがたつが、人間への感染源である自然界の宿主は、現在もまだ分かっていない。

見えない暗殺者(2001年)〜フォトギャラリーへ

子どもゴリラとシルバーバック

消えゆく森の賢者−マウンテンゴリラ

あまり知られていないが、ゴリラはアフリカ大陸にしか生息しない。そして「マウンテンゴリラ」「東ローランドゴリラ」「西ローランドゴリラ」と、大きく3種に分けられ、それぞれが絶滅の危機に瀕している。
なかでも、コンゴ民主共和国とルワンダ、ウガンダの国境沿いを生息域とする「マウンテンゴリラ」は、地球上にわずか700頭ほどしか存在しない。

消えゆく森の賢者〜フォトギャラリーへ

子どもゴリラとシルバーバック

22年間の戦いの跡に−南スーダン

2005年6月上旬。ケニアの首都ナイロビから、民間航空会社が運行する年代物のプロペラ機にゆられること3時間半。スーダン政府の発行するビザではなく、「Sudan Relief And Rehabilitation Commission(スーダン救済・再建委員会)」 と呼ばれる南スーダン政府の許可証を手に、ちょうど雨期に入ったばかりの南スーダン・ルンベックに私は足を踏み入れた。

22年間の戦いの跡に〜フォトギャラリーへ(flickr/外部サイト)